ねこの窓の向こう側:北海道・札幌で走り回るかぶと虫・「青空ちゃん」他空冷VWの話題を発信中!

TOP > 青空ちゃん >青空ちゃんといっしょ >ドライブin層雲峡温泉

ドライブin層雲峡温泉

 毎年夏に東川町で行われるフォトオリンピアOB会に今年も参加しました。
 と言っても、最近写真あまり撮っていないので撮影目的というよりも、ドライブがメインでついでに東川で一泊、翌日温泉でも入って帰ってこようという適当な計画。そんなレポートを・・・。

出発前、家車庫前にて。

 ’05年7月30日(土)朝。一泊分の着替えやら写真器材、ノートパソコンを青空ちゃんに詰め込む。いかんせん男の癖に荷物の多い自分に少々呆れつつも、準備完了。
 正直写真器材は持って行かなくても良いのでは?なんて思うくらいここ数年まともな写真を撮っていないのですが、まあ、気が向けば撮影ししたくなるだろう、なんていつも思っててんこ盛りの状態になります。持ち込んだ機材としてはコンパクトデジカメの他、ペンタックスZ-1Pと*ist-Dの一眼2台、とズームレンズ3本単焦点3本、オートストロボ、スリックプロフェッショナルデザイン2三脚、etc・・・と自分としてはかなり悩んだ末の機材選択となりました。どうせ撮らない癖に・・・。
 最近の傾向として、頑固にマニュアル一眼レフ(特に機械式は必ず1台は含む)を選択し続けていた昔とは違い、すでにカメラ任せのお気軽セット?になってきています。困ったもんだ。

 予定より出発時間がちょっと遅れてあわてて出発。275号線を走り、途中で12号線沿いの三笠道の駅へ向かいます。

いつもの三笠道の駅。 道の駅の駐車場にて。

 ナビを搭載している癖に道に迷う辺り実に私らしいですが、道の駅に到着。時間が遅れているので
道の駅で昼食を撮る事にしまして、その後今回の第一目的であります、三笠市立博物館に向かいます。

三笠市立博物館駐車場にて

 道の駅から結構離れてるんだなぁ、と思いつつ目的地に到着。入場料は大人¥370と非常に良心的です。

三葉虫の化石(撮影許可済み)

 小学生時代、大の化石好きで将来は古生物学者になりたいなどと身の程知らずな事を考えていた訳ですが、そんな子供に戻ったように、思いっきり見入ってしまいました。おかげで全部見る事が出来なかった。
 とりあえず、今回特別展示であった三葉虫展は一通り目を通しました。

 アンモナイトの展示はさらりとしか見られませんでした。今度またじっくり見に行きたい、そう思うのであります。アンモナイトはうちにも2つほど化石有ります。昔玄関に飾っていましたが。私は恐竜にはあまり興味が無くて、それ以前の生物に興味ありましたね。

 あっという間に時間が無くなってきまして、このままじゃ17時までに東川に着かないぞ!!とあわてて出発。やはり遅刻してしまいました。
 いつもながら集合場所である東川文化ギャラリーに入る道を間違えてぐるぐるしつつ、何とか他のメンバーと合流。宿泊地であるキトウシ体験の家へ移動しました。

 体験の家に着くと夜のスライド上映&座談会用のセッティングをして、夕食を食べに出店等が出ているイベント会場へ。
 出店だとどうしても食べられる料理が限定してしまいますが、適当に食べておなかを満たし、そうしている間にだんだんメンバーが集まってきました。
 私の場合前年は高校の先輩の結婚式に行っていたため参加しませんでしたので、2年ぶりに顔を合わせる本州組。でもみんな相も変わらずです。確かにCAPAでやっていたイベントの頃に比べれば見た目は歳取りましたがやってる事は変わらない・・・。ある意味若いのかな??

 陽も完全に暮れて、体験の家に戻り交代でお風呂へ。まあ私の場合風呂に入りに来たようなもんですが。
 その後は日頃取り貯めた写真の上映をし、くだらない話で盛り上がりつつ夜もふけていきます。いつもですと私は12時頃には布団にはいるのですが、気がつけば2時すぎてました。次の日の事も考え、あわてて寝ました。
キトウシ体験の家にて。
層雲峡へ・・・。

 翌日朝食をすませ、次の目的地をどうするか考えました。当初層雲峡まで行くつもりでいたのですが、他の人に「結構ここから距離あるよ」と言われてビビッてしまい、もう少し近い天人峡にしようかな、などと思い、ナビでルートを調べる。すると層雲峡までキトウシより2時間かからないでつく事が判明したので、急いで出発しました。
 結局東川には泊まりに来ただけ?という感じでしたが、やっぱり温泉です!走っていると「やっぱり距離あるよなぁ・・・。」とちょっと後悔。でもここまで来たからには入らなければいかんでしょ、という事でひた走る。

 昼過ぎに何とか現場に到着。駐車場を探して停めると、向かいに止まっている車のおじさんがじっとこっちを見ていました。なんだろ?と思いつつ現場写真とおさえて荷物を出そうと思っていると、そのおじさんに声をかけられました。昔ワーゲンに乗っていたらしく、いろいろ聞かれました。
 「お風呂はいるならそこがおすすめだよ。そこのカレーライスが美味しいんだ」とおじさんに言われたので、最初は「湯元銀泉閣」のお風呂に入ろうと思っていたのですがおじさんおすすめのところにしてみました。
温泉街駐車場。
奥に写るのが当初
入浴予定だった
湯元銀泉閣。
黒岳の湯。ここのレストランで
野菜カレーを食べる。

 「黒岳の湯」というところなのですが、お風呂はそんなに大きくはなかった。一応露天風呂があるのでそっちにも入ってみました。 あんまりゆっくりしていると遅くなるので急いで上がって、そのおすすめのカレーライスを注文。お店のお姉さんがなかなか感じの良い人でtちょっと気になりつつも(笑)自分にはちょっと辛いカレーを汗かきかき食べて帰路へ。
 話は前後しますが、風呂にはいると結構体力を消耗するので、風呂上がりには滋養強壮剤を飲み帰りにそなえます。あとは途中給油以外はひたすら札幌に向けて進むだけ。

層雲峡温泉入口前にて

 帰り改めて、結構距離ある、と実感。旭川にようやく着き、途中給油。そこで燃費計算をするとなんとリッター20kmを超える結果が!まあ、給油量が店員にによってまちまちなので正確とは言えないけどそれを加味しても15kmは余裕でいっているのでは・・・。こりゃエコカーだよ、エコ!
 こうして、無事に札幌へ戻り今回の旅は終了。今回の反省としては、もう少しゆっくりしたかったなぁ、というところです。今度はどこへ行こうかな・・・。


青空ちゃんといっしょにもどる

TOPへ戻る


Copyright(C) neko-jarashi. 1998,2008. All rights Reserved