ねこの窓の向こう側:北海道・札幌で走り回るかぶと虫・「青空ちゃん」他空冷VWの話題を発信中!
TOP > 青空ちゃん  > 青空ちゃんギャラリー > タコメーター改造1

青空ちゃんギャラリー

苦しい工作 その11 タコメーター改造(1)

プロローグ

 ワーゲン乗りでDIY派のヤマヲ氏のお宅へおじゃましたときのこと。
「タコメーターはあった方が良いね」と言われました。

 しかし、出来ればメーター類を追加することで室内のイメージをなるべく変えたくない(割にはいろいろ付けてますが・・・)事や、今までタコメーターの付いた車を運転したことのない私にとって、回転数を見ながら運転という感覚がいまいち理解できず、特別無くても運転できるため必要ない、と思っていたのですが・・・。

「下り坂なんかでオーバーレブさせたりするとエンジンに良くないからね」

 たしかに、普段は廻さないけど遠出したとき峠越えなんかで回転数が上がってしまうことはありえるし、キャブのセッティングするときや燃費運転に徹するにしてもあった方が良いかも。そう思い、激安タコメーターを調べてみることにしました。

 なるべく目立たないものが良いので52mm径のものが良いなぁ、などとネットで検索していると

なんと、¥3,980!しかも残り6個!

などと書かれていると思わず発注してしまった自分がおりました。(笑)

タコメーターの化粧箱

 しかしながら、実際に注文すると結局代引き手数料やら、送料なんかで¥5,000超えてしまいちょっと後悔・・・。
 まあ、頼んだものは仕方がない。そして商品が早々に届きました。

化粧箱の中身  早速フタを開けてみる。中身は小さい割に随分立派な箱だなぁ。ということでこの状態で記念に一枚。(あほ)

タコメーター改造前

 そして中身を取り出してみる。デザインは悪くないのですが、他の追加メーターと比べるとやはり現代的すぎるかな・・・。文字盤交換できれば良いのだけど。
 それに8000回転までエンジンまわらんし・・・。(笑)

タコメーター裏

 裏面を見ると気筒数の切り換えスイッチが・・・。そこでふと思った。3気筒に設定して4気筒のエンジンに取り付けると針の振れ量が変わるはずだよね・・・。

 そんなわけで計算してみました。回転数を見るのにコイルへ1本配線するので、エンジンのすべてのシリンダーに火花を飛ばすためにはシリンダー数の多いエンジンの方が飛ばす回数は当然多くなるわけですよね。それでは3気筒エンジンは3回で1セット、4気筒エンジンは4回で1セットと考える。
 すべてのシリンダーに火花を飛ばす割合は

3気筒:4気筒=3:4

ですね。それではもし、コイルより12回信号が出る(火花を飛ばす)と、3気筒は4セット分に対して、4気筒では3セットになります。と言うことは、回転数は比例するはずなので、火花の出るタイミングが同じだとするならば、3気筒の方が4/3回転ほど多くまわる、ということになります。
 それは4気筒のエンジンに3気筒設定のタコメーターを繋ぐと、針は4000回転を示していても実際は3000回転しか廻っていない、ということになります。すると、MAX8000回転のメーターはMAX6000回転のメーターなる(理論上)ということになります。
 低回転エンジンであるワーゲンには都合の良い話です。4気筒エンジン1回転が、3気筒のメーターでは約1.33回転になるので、目盛りの間隔も変わってしまいますが、文字盤を自作できればとても素敵なものに・・・。ときめいてしまいました。もうこうなると止められません!やっちゃおうかな・・・。

つづく


青空ちゃんギャラリー目次へ戻る

TOPへ戻る

Copyright(C) neko-jarashi. 1998,2008. All rights Reserved