ねこの窓の向こう側:北海道・札幌で走り回るかぶと虫・「青空ちゃん」他空冷VWの話題を発信中!
TOP > 空見る三角窓 > 50歳

空見る三角窓

50歳

 春分の日は以前も書いたように、我が家に青空ちゃんがやってきた記念日です。

 2013年の記念日は特別な年となります。それは1963年式の青空ちゃんは50歳を迎えるためです。

 私のところにやってきた時でさえ、31年が経過しておりました。自分の年齢より10歳も上の車です。一般的にはその時点で考えられないでしょう。

 そして今、車齢50歳。製造されて半世紀が経とうとしております。もちろん、製造された当時と同じ状態を保っているわけではありません。多くの部品は、新しいものや車外品などの補修部品に交換されているといえます。

 当たり前のように走る状態を保つということは、それなりの苦労が伴うことは否定できません。しかし、物心が付いた頃から現在まで、一番乗りたい車が、ワーゲンであり、青空ちゃんを手放してまで、他の車に乗りたいという欲求も全くありません。

 私の場合、車が趣味というよりも、青空ちゃんが趣味、と言っても過言ではないのです。

 青空ちゃんは今の車と比べて、おそらく不便な車でしょう。しかし、現代の車と同じように、目的地に私を連れて行ってくれます。乗用車は人を運ぶ物。

 それは、何も変わらないでしょう。


空見る三角窓・目次へ

TOPへ戻る

Copyright(C) neko-jarashi. 1998,2013. All rights Reserved