ねこの窓の向こう側:北海道・札幌で走り回るかぶと虫・「青空ちゃん」他空冷VWの話題を発信中!
TOP > 空見る三角窓 > そんなに嫌がらなくても・・・

空見る三角窓

そんなに嫌がらなくても・・・

 青空ちゃんに乗っていていつも思うのです。ワーゲンって、はっきり言って速そうに見えませんよね?実際ノーマルのワーゲンは速くないです。カスタムしている車は別ですけど。だから余計なんでしょうけど、周りの車はやけに抜きたがります。
 私自身スピードを出すことは好きじゃないのでとばしたりはしません。と、言っても特別ゆっくり走っているというわけでもありません。古い車なので急加減速はなるべくしないようにはしておりますが、巡航中はそれなりの速度です。

 でもなぜか、ルームミラー越しに後ろを見ていると遙か後方より車線を変更して近づいてくる車が多いです。勢いよく抜き去っていく車も結構いますが、速度差が極端にはないため抜き去るまでに時間がかかっている車もいます。
 見るからに遅そうなので最初から抜く気でいるのでしょう。まあ、それは仕方のないことですが、走行ペースもさほど変わらない割に前を走っていることに気が付いた途端、加速して抜き去り、強引に目の前に入ってくる車が非常に多いです。でも本来の走行ペース自体はほとんど変わらないので前に入ったからといって、その後ぐんぐん距離が離れていくことはなかったりします。
 そこから推測するに、ただ単に「目障りだ」ということなのでしょうか?

 追い越されることはかまわないのですが、前に入ってくるタイミングが非常に危険なのです。「どけどけっ邪魔!」と言わんばかりの、割り込むという表現の方が適しているでしょうか。ある程度入ってくるタイミングを予測して走ってはいますが、やっぱり怖いですね。
 親の車を運転しているときと比べて、明らかにワーゲンを運転しているときの方がこのようなドライバーに遭遇する数が多いですね。

 どうか皆さん、そんなに嫌がらないでください。普通、旧車は急には進まないし急には止まれません。冬道はさらに止まりません。安全運転を心がけましょう。


空見る三角窓・目次へ

TOPへ戻る

Copyright(C) neko-jarashi. 1998,2008. All rights Reserved