TOP > 青空ちゃんギャラリー > プーリー交換

クランクプーリー交換だよ青空ちゃん

 青空ちゃんのエンジンルームの様子です。あ、そうですか・・・。という話ではなくて、最近やたらとリアフード裏側にオイルが付いているのでおかしいなぁ、と思っていました。確かに以前より何となくエンジンルーム内が少々オイルで汚れてはいたのですが、拭き取って軽く走っただけですぐオイルが付着するのです。どうやらクランクプーリー辺りがすごく汚れるので相談してみることにしました。
 するとやはり、クランクプーリー部からのオイル漏れの可能性が高いということでした。そもそも、このクランクプーリーの取り付け部にはパッキンなどのシール材が付いていなくて、プーリー側に溝が切ってあり、回転することでオイルをエンジン内に押し戻そうとするような構造らしいのです。しかし、何らかの理由で、プーリー側の摩耗や、エンジンブロック側の摩耗により、取り付け部の穴が広がったりするといくら押し戻そうとしても周りから漏れてしまうわけです。

 そこで、社外品で、シールが付いたリングを取り付け可能なプーリーが出ているので、それに交換するとオイル漏れが治る可能性がある、ということなので交換してもらうことにしました。 

 オルタ&クランクプーリーをはずしたところ。なかなかはずれなくて苦労した模様・・・。たぶん自分じゃ出来なかったなぁ・・・。

 というわけで無事に装着。上の写真と撮影日が違う関係上、左側に見える棒はフード固定用に使っているものです。なにせ、フード保持用のスプリング取り付け部が壊れたので棒で支えないとならんのです。車屋ではフードのヒンジ部にドライバーつっこんで保持してますが・・・。
 クランクプーリー、シール付くタイプが1種類しか出ていないので、(全世界探せばあるかもしれない)強制的にこれになってしまいます。(笑)カスタムは好きじゃないのですが、仕方がないですね。色塗っても良いのですけど、アルミ製なので塗料ののりがあまり良くないようで・・・。まあ、暇があれば、黒く塗ります。

 交換済みのオリジナルプーリー。本当はこのデザインでシールが付けられれば良かったのですけど。

 プーリー拡大。このように溝が切ってあるのがわかります。これのおかげで、本来はシールしなくてもオイルは漏れない設計なのです。

 交換してしばらく様子を見てみましたが、オイル漏れは治まった模様です。なにせ、治る確率60%といわれていたので少々不安でした。クランクシャフトが歪んだりして、回転時、楕円回転していたらいくらシール付けても効果はないので。(ドライブシャフトが歪んで、オイル漏れ起こした経験があるのでよく解る・・・)
 エンジンオーバーホールして数年たちますけど、万が一ここからのオイル漏れ収まらなかったらショックでした。1200ccとお別れしなきゃならんかったかも。


青空ちゃんギャラリー目次へ戻る

TOPへ戻る


Copyright(C) neko-jarashi. 1998,2008. All rights Reserved